2013年03月19日

山水図 伝

統の中国画の中の1つの科目、自然な景色を主要な描写の対象にします。絵のかき方の風格の異なるによって濃い緑の山水、水の墨の山水に分けることができる、浅い深紅の山水、小さ

く濃い緑の山水がおよび骨の山水がない。独立する山水画は魏晋南北朝の時に発端となって、絵のかき方は古風で素朴です。隋唐の時期、山水画はすでに次第に熟していて、隋の展子虔

《春の遠足に行って求める》、この時の山水画の基本的な顔を代表しました。中は唐朝末期画家は水墨の山水を創造して、敦煌の壁画の中でもこの時に骨がないの山水が現れました。五

代の北宋の山水画は写実の方面で1つのピークに達しました。五代の荊浩と董の源はそれぞれ中国の北、南の地形の特色の2種類の山水画の風を描写することを代表して、北宋関仝、李

成、範寛の3社は鼎立して、それぞれに荊浩あるいは董の源の伝統に続きました。南宋の山水画は前に比べて代わって、技巧の上で新しくすることがあって、優美な境地の追求に対して

更に自然な忠実な描写に対して勝ります。元代山水画は写意に傾いて、元の4社を代表の山水画にして、主観的な感情のが風格の創造を述べ表すことをと重視する方面にもう一つのピー

クに達して、詩の書画の統一をも完成しました。明末董其が盛んで書道のつけることを上がり下がりに相当して山水画を取り入れて、簡略化したことがあったのは前山水のイメージに代

わって構成して平面化の山水の境界を置いて、山水画のまた1変異をもたらします。清朝山水画はいっしょに董其の盛んな伝統を踏襲して、4人の王のようです;別にいっしょに向かう自

然のは同時に文章の情を伝える効果を発揮して、だから個性を述べ表して、4人の僧のようです。
http://www.tophanko.com/
  

Posted by hayayaer at 18:22Comments(5)TrackBack(0)印鑑

2013年03月18日

中国の伝統の造型美術の中の一つ

http://www.hankoexpro.com/
中国の伝統の造型美術の中の一つ。印章のフォントが大部分が(は)篆書を採択するため、先に後書きは刻んで、だから語っています。金属の印章、普通は先につくって型を印刷して、あとで鋳造します;晶玉の印章、古代手製で磨いたで、現在金剛砂で磨いてむしばみます; 石、歯、角、は印章にぼうっとして、直接刀で彫り刻みます。篆刻が書道の芸術が刀を通じて(通って)刻んだのになった後の再びの創造、書道、筋道、剣術の7割引の総合芸術です。伝統の篆刻の種類の秦印、漢印、象形印、重ね刷りすること、6つの印、回族の言語印、花押印、関所、遊印など。秦漢と魏晋の時期に、印章は労働者を印刷するから彫り刻んで、芸術のレベルはすでに高くなっています。隋唐来、それぞれその時代の特徴と風格がもあります。北宋米ハイ、元代の趙孟〓、王の冠は皆篆刻の名家でした。王の冠が乳の石(青田石の類)を使うで印を刻むことに始まると伝えられて、彫り刻むのが便利なため、流行っていて更に広いです。明朝まで文彭、何は震動して、学を印刷して日に日に発展します。明清来、出土文物の中で印章はだんだん多くて、参考資料は大いに増加して、篆刻の風日の入れることを研究討論して、多くの篆刻家に大量に出現して、各種の流派を形成して、例えば安徽派(何が震動する)、浙江が(丁敬など)を派遣する、鄧派(鄧石)、趙派(趙の謙虚さ)、呉派(呉昌碩)、齊派(そろう白石)など。
  

Posted by hayayaer at 18:43Comments(79)TrackBack(0)印鑑

2013年03月15日

宫阙印

宫阙印:漢大興宮殿建築等、画像石、画像で見かけるれんが。印鑑でも表現、華麗に簡単に、ある人は阙中座って飲、神楽;あやまり外木があり、鳥のようにまとめて、イメージが生き生きして、1枚の小さな風景画。
南朝(西暦317-589年)を経験した晋、宋、斉、梁、陳。北朝鮮は晋崩壊後(西暦317-439年)は、漢、匈奴、鮮卑、やぎ、氏、羌族は相次いで大きさなどを樹立し十六国、最後は鮮卑の統一を構築し、魏、歴史上と呼ばれる后魏や北魏(西暦493-534年)。東魏を経て、西魏、北斉、北週まで、纪元581年、周国杨坚政権を奪うと大皇帝を構築し、隋。西暦589年隋出兵江南、滅陳全国統一。
http://www.hankoexpro.com/
  

Posted by hayayaer at 17:10Comments(5)TrackBack(0)印鑑

2013年03月13日

肖印稿を切りつけ嗎る印の原稿とは

http://www.hankoexpro.com/
肖印稿を切りつけ嗎る印の原稿とは、印を刻むする前に、印刷面に文字をうたれなどのよりに入するか、あさくらかどう強靭な文字の正邪や密度などをかなえていくることを試験して原稿。手紙を届ける「の」とでです。本文(朱肉で押した時、文字が出てるものの白くん)と陽文(文字が朱くてるものの)とでは、印刷原稿のし方が違いがさやかや異なります加で、前のものなどつよさくらに加ってるかを決して目覚めておきらますす。印の原稿のし方が違いは次の順番でいいないいますす。
渡辺欄を少なくし内側に入れて、小さい篆書のたて長の美を強調しさんです”と良有し1981うたで。「迷惑を削り例〉点描に強弱を加ええて文字に動いたなきを与ませようとしていいよ”とこのころは良いいが、「秦印風」といいうさくらさくらですかね.ると、ものが少ない時絵をうたして落ち・かせらた方が良い。「迷惑を評価朱白のパラレル削り〉(的嗎と良とをつくしていいますす。「本」の字の下部にあまりさんを加ええ、「正」の字の、一字に・えするよぅにした。

  

Posted by hayayaer at 18:48Comments(3)TrackBack(0)印鑑

2013年03月08日

金は白い玉の羊の距骨に代わり

ます この金は白い玉の羊の距骨に代わります:長い4.1、幅の3.3センチメートル。純粋な白色、羊の脂の類の潔潤ようで、立体彫刻の1羊の蹄の関節の距骨、全体が良く考えるのはつるつるしていて、上の部分は穴をあけるに対して、孔の内でねじの跡を残して、しかし装飾を下げます。これ 羊の距骨は彫り刻むのが非常に精密で強います

本当で、実物とまったく同じです。これより分かるのは金はずば抜けていることに代わって玉技術の一部分を磨きます。距骨はまたすねのふ骨を語って、東北で俗称の“ぎいっと引き延ばす”、つまりいっぱいな言葉の“ぎいっと出る”、子供の1です おもちゃを植えます。距骨をおもちゃにして、これは女真人が初期漁・狩猟をするのとです

家畜は業の発達している1種の反映を飼育して、最初に距骨が財産の1種のシンボルにして、それから1種のおもちゃになりました。このような風習はそれから漢族人に対して 影響があって、今なお、東北人の中で“ぎいっと引き延ばす”の風習を遊ぶことがなおあります。
http://www.xiziyinshe.com/

  

Posted by hayayaer at 18:16Comments(5)TrackBack(0)印鑑

2013年02月09日

中国人が比較的に長く住む印は日本や日本籍にの

中国人が比較的に長く住む印は日本や日本籍にの。日本人の名前のように郭同慶〈山田太郎で創設慶日「文京中国文化研究所」が所長を務める、教授、研究熱心に中国文化伝播、日中両国の文化交流、かつて開催される上海印人韓天衡、钱君と重いらの篆刻書展と学術講演、「文京印社」、創立任主宰〈つまり社長)が日本の習研印学の社员や学生数十人。
http://www.superhanko.com
ジョー大壮、本名曾劬、字は、字の壮一君じゃない、署伯、労庵。名が家屋を波のほか階、酒悲亭、永夕室。四川华阳県人。祖父は茂谖、清末の学部左丞。戊戌の変法失敗、六君子捨て市、かつて義をその茂葬が評判に大壮幼少時、祖父严训され、博習经史詩文、その後に訳学館、フランス語に精通している。初心徐季海書道、習虞永兴後、透逸清淳、寓刚于柔。尤長は詞学、唐圭璋誉「世代词坛工飞将」。彼は前後して土地局、経済部、監査院サービスは、文書を公文書を人に知られている。いずれも展示がなかったが、中年丧偶気持ちに加え、鬱憤がたまって、よくお酒で消える日、飲酒は縦の上海、普段は反。  
タグ :角印印鑑

Posted by hayayaer at 02:28Comments(541)TrackBack(0)印鑑

2013年02月07日

铜印

铜印『明史「輿服誌」に載せて:「殘りが三品、三品官から、全部铜印、方2寸7分、厚さ6分。」他の「正三品以下、九品以上は全てを铜印。」州県儒学、倉庫、駅を渡し、ブレーキダム、ロット検査所、ドロー分竹木局、川泊所、织染局、医学、僧道司などの未入流者、銅条記。官の低い者印サイズが小さいほどの別のI!。『承清館印譜』で表記を铜印が22側。  
タグ :印鑑実印

Posted by hayayaer at 02:06Comments(6)TrackBack(0)印鑑

2013年02月06日

黄牧甫印の外で多くは「吉金」の文字を求めて

黄牧甫印の外で多くは「吉金」の文字を求めて、ショー、その劲挺潤。「伯翏」印款曰:「模倣秦诏版のショー勁者……」「翔文」印款「漢器鑿項、劲挺一種の秀潤の筆は、この未その万一。」多字印刷「生の初め、歳は丙辰継時己巳」印款:「朱博殘石出土未遠くて、あまり~みやこ真っ先に見て満足するよう、隷書法やせ力漢人彫る銅、石碑の上部でない者は、余
http://www.superhanko.com/
陈鸿寿篆刻芸術の特徴は、重厚で広々として、英迈豪快で、主に刀法の運用する。彼は奏刀さわやか婦利恣纵豪放割れたカッターの起伏はわりに大きくて、リズムが鮮明で、含蓄があり隷意から、風に朴茂、穆厚蒼然。  
タグ :角印印鑑

Posted by hayayaer at 18:13Comments(6)TrackBack(0)印鑑

2013年02月03日

春秋戦国時代に殘った璽印に

春秋戦国時代に殘った璽印に、大きな比重を占めて箴言璽、罗福颐監修の「古璽集』に120多種。これらの箴言、成語璽中を見ることができて、当時の人々の強化を自身の教養を高め、徳性の一方で、同時に当時の人の審美の観点から、つまり璽印が全は実用的で作られた、ある部分に審美で作っている。ある璽印内容も、触れない修身、吉祥、例えば「石像」の「石」、すなわち「碩」、碩人とは、身だしなみのアウトし女子。『詩経・試験オール」「碩人の軸」、「碩の広い人」社印。『碩人』には「碩人その颀」、「碩人敖敖」実印。箋註日:「碩、大も。言習主姜信表長麗俊好、颀颀然。  

Posted by hayayaer at 18:58Comments(6)TrackBack(0)

2013年02月03日

州綾錦院記

「州綾錦院記」は、印刷面長5.7センチ、幅5.4センチ、厚さ0.7センチ高く、通2.8センチ、铜质、無項。以前氏『集古役印考』は遼印。伝説この印に盛京開原ところ、すなわち今遼寧省開原。当時所属東京綾錦州道院は、もっぱら掌禁中や皇室の婚娶服装の綾錦制作印鑑通販、所属少府監。しかしそれを少府監院、CDも染めを院、文绣院など81所。
ささっ靭。回復のために生産、緩和矛盾、実行して一連の政治改革措置、例えば「班田制」、「府兵制」、「科挙制」な一藿喜』などと借り賦、労役制度、経済の発展は必ず促進作用、唐代の封建王朝の統合と繁栄からスープ喜暑ゼロ:
動物の中には魚があり、鳥、鳳など。魚の印、こ日本印章れは1944年近く古墳出土f山西风陵渡伯衡形雪山蔵印足。魚の造型、きわめて実写、例えば魚から口を上げ、うろこ、脊髄なども似原物。王伯敏『古肖形胸釈』は春秋時代物。古代肖形印の発展によって、この時代の作風が実写。西週に比較的銅器飾り紋、戦国の時は比較的に要約。  

Posted by hayayaer at 18:57Comments(4)TrackBack(0)