2013年02月09日

中国人が比較的に長く住む印は日本や日本籍にの

中国人が比較的に長く住む印は日本や日本籍にの。日本人の名前のように郭同慶〈山田太郎で創設慶日「文京中国文化研究所」が所長を務める、教授、研究熱心に中国文化伝播、日中両国の文化交流、かつて開催される上海印人韓天衡、钱君と重いらの篆刻書展と学術講演、「文京印社」、創立任主宰〈つまり社長)が日本の習研印学の社员や学生数十人。
http://www.superhanko.com
ジョー大壮、本名曾劬、字は、字の壮一君じゃない、署伯、労庵。名が家屋を波のほか階、酒悲亭、永夕室。四川华阳県人。祖父は茂谖、清末の学部左丞。戊戌の変法失敗、六君子捨て市、かつて義をその茂葬が評判に大壮幼少時、祖父严训され、博習经史詩文、その後に訳学館、フランス語に精通している。初心徐季海書道、習虞永兴後、透逸清淳、寓刚于柔。尤長は詞学、唐圭璋誉「世代词坛工飞将」。彼は前後して土地局、経済部、監査院サービスは、文書を公文書を人に知られている。いずれも展示がなかったが、中年丧偶気持ちに加え、鬱憤がたまって、よくお酒で消える日、飲酒は縦の上海、普段は反。  
タグ :角印印鑑

Posted by hayayaer at 02:28Comments(568)TrackBack(0)印鑑